フランス住まいの私がつづる暮らしの気づきについて

等身大のフランス暮らし

フランスでの生活事情

フランス在住の私が日本と違って面白い交通ルール・習慣をご紹介します。

更新日:

 

日本以外の国では、もちろん交通ルールも全く変わります。

私がフランスに来て、

「え??それは危ないんじゃない?」ということや、

「日本と全く逆!」

日本には存在しないルールがあります。

 

フランスでレンタカーを借りて自分の旅を楽しむ方や、

長期滞在で車を運転しないといけない人もいらっしゃると思いますので

参考にしてくださいね。

 

フランスは左ハンドル右通行

ご存知の方も多いいと思いますが、フランスは基本的に左ハンドル右通行です。

 

慣れるまで日本と全く逆なので、怖いです。

日本で外車に乗っている人は大丈夫かもしれませんが、

私は国産車ばかりだったので

左ハンドルに慣れていなく、

ウインカーとワイパーの位置が逆なのに戸惑っています・・・。

 

ウインカーをだそうとしたら、確実にワイパーが動きます。(笑)

慣れって怖いですね。

なかなか癖が治りませんので

一年たった今でも間違える時があります。

 

日本にフランス人が来た時には全く同じことが起こります。

主人もなれるまでウインカーとワイパーをいつも間違えていました。

 

あと車は、

ほとんどがマニュアル車です。

オートマ限定免許しかない私は

オートマ車を探すのに苦労しました。

 

左ハンドルで、

運転席の場所が違うので買い物に行って

「さて帰ろう」と

助手席の方に乗ろうとする自分がいます

結構恥ずかしいですね。。。

まっ慣れるまでは仕方ないです。

 

下の記事でも、オートマ車を探す時に使える話を書きました。

フランスで車の運転をするための免許取得の流れと、車購入・レンタル時の注意点

 

制限速度が、かなり違う。

日本の制限速度に慣れていると、

フランスに来た時にクラクション鳴らされまくりです!

 

日本で言う60キロの道路は90キロで、

高速道路は130キロです。

悪天候の時は110キロです。

 

人ごみや、街に入ると50キロ制限に変わります。

 

ただ、フランスは速度制限カメラがものすごい数ありますので、

その速度は守ってくださいね。

 

追い越すときは左から。

追い越し2車線や、高速道路は、基本的に右走行です。

 

追い越ししたりするときのみ、左車線を走行して追い越します。

 

日本とは、全く逆です!!

これは、エスカレーターも同じで

エスカレーターに乗ったら右に避けてくださいね。

急いでいる人が左から追い抜いていきますので。

 

信号無視監視カメラがある!

フランスの信号機は日本と違って

赤、オレンジ、緑 です。

 

日本は、黄色信号になっても

何秒か通過する余裕がありますが、

フランスはオレンジから赤に変わるまでの時間が

2秒ぐらいしかありません。

 

かなりみんな急ブレーキのように止まりますので、

追突しないように気をつけてください。

 

さらに、速度違反カメラのように

信号無視カメラが付いているところがありますので

注意してくださいね。

 

右優先の交差点がある。

日本では、自分が走っている車線が優先かどうかは道幅で決まりますが、

フランスは右優先表示があった場合は、

道幅関係なく譲らないといけません。

これが、未だに私には理解できないのです。

 

あきらかに、危ないんです!

 

判断のつけ方は、

自分が走っている道路と交差する右道路に

停止線があれば、自分が優先。

 

停止線がなければ自分が止まって、

右から来た車に道を譲らないといけません。

 

外国人や、県外から来た道事情を知らない人は

よく事故をします。

 

停止線を確認しながら走りましょうね。

 

横断歩道で人が渡ろうとしていれば、人優先です。

信号機がない横断歩道で待っている人がいれば、

必ず止まらないといけません

もし、止まらなければ、警察に止められますよ。

 

フランスは横断歩道を使わずに

道路を渡る人が多いですが、街中は歩行者優先です。

そのために制限速度は50キロになっています。

それでも日本からしたら早いですけどね…。

 

踏切は停止しない。

これも、慣れないことですが、

線路を通過するとき、日本では一旦停止左右確認が必要ですが、

フランスは一旦停止しません

 

踏切信号があるので、その信号が赤にならない限りそのまま通過します。

怖いですけどね。。。

 

停止していると、後ろからクラクション鳴らされます(笑)

 

車の教習所には、日本のような施設はない!

日本は、車の免許を取得する場合まず教習所で

練習をしてから仮免許に受かったら路上に出ることができます。

 

フランスは、まず筆記テストに合格したら

直接道路に出ます!!!

 

教習所は存在しないので、

初めから道路に出るんです。

びっくりしました。

 

私は日本の免許証をフランスの免許証に切り替えただけなので

フランス人と同じようにフランスの教習所に行かなくても

よかったのですが、オートマ限定だったので

マニュアル運転できるように

マニュアルの教習を受けに行きました。

 

それはそれは、いきなり路上で

「ガクン ガクン」エンストしまくりです。

 

オートエコル(教習車)と書かれた車の後ろを運転するときは

車間距離を多めにとっておきましょう。

 

先生にもブレーキが付いていますが、

安心できませんので

あなたの安全確保は自分でしてくださいね。

 

私のように、いきなりエンストする人がいますので(汗)

 

シートベルトは全席必要です。

日本は高速道路走るときは

後部座席もシートベルト着用義務がありますが、

フランスは全席必ず着用です。

子供も必ずです。

 

書いていて調べて分かったのですが、

最近では日本でも実施しはじめましたね。

命に関わることなのでとても良いことだと思います。

 

フランスライフスタイル おかしな習慣 まとめ

いかがでしょうか?ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

私は驚くことばかりです。

 

速度も90キロで走っていても、

いつも後ろからあおられます。。。

 

私は車の機能で速度設定ができて

オートでアクセルを踏まなくても

90キロでクルマが走ってくれる設定をしているので、

制限速度をオーバーすることはないですが、

せっかちなフランス人は

ものすごい勢いで抜かしていきます。

 

たまに私を追い越したあとに、

警察の速度制限に捕まっている人もいます。

 

結構隠れている場合もありますので

罰金など払いたくなければ、

速度は守りましょうね。

 

日本の感覚があればスピードを出しすぎることは

少ないと思いますけど…。

-フランスでの生活事情

Copyright© 等身大のフランス暮らし , 2022 All Rights Reserved.